FC2ブログ

ぴんく隊員のLIVE参戦日記みたいな‥(笑)

今なおSIAM SHADEに夢中なぴんく隊員のLIVE参戦日記です!!!でも全然関係無いこともありつつ書いてみます‥仕事とかで毎日書けないばやいはごめんちゃいm(_ _)m

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

震災から5ヶ月


11日で5ヶ月が経ちました。

でも未だに余震が続いてます。
今月だけでも震度5以上の地震が2度も起きました。
被災地東北では今なお避難所生活を余儀なくされている方がたくさんいらっしゃいます。


そして福島原発の事故も収束に向っているのかさえわかりません。
原子力なんちゃら委員がどれほど賢い人たちなのかさっぱりわかりませんけども。


『今すぐに健康に影響を与えるものではない』


『特段影響を与える数値ではない』


とすぐ言いますけど、


誰が証明してくれるんでしょうか?
万が一の問題が起きたときの保証は誰か考えているのでしょうか?


最近思うのですが、
風評被害が広がって福島県民が大変な思いをしてますが、


はたして風評被害って言葉だけで済ませることが出来る問題がどのくらいなのか。


実害については語ろうとしないのですかね?


ニュースより引用

子どもの甲状腺から放射線検出
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110813/k10014892751000.html

東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、福島県内の1000人以上の子どもの甲状腺を調べたところ、およそ半数から放射性ヨウ素による放射線が検出されたことが分かりました。専門家は「微量なので、健康に影響が出るとは考えにくいが、念のため継続的な健康管理が必要だ」としています。

この調査結果は、13日、東京で開かれた日本小児科学会で、広島大学の田代聡教授が報告しました。田代教授らのグループは、国の対策本部の依頼を受けて、今年3月下旬、福島県いわき市や飯舘村などで、1149人の子どもを対象に甲状腺への被ばく量を調べる検査を行いました。その結果、およそ半数の子どもの甲状腺から放射性ヨウ素による放射線が検出されたということです。田代教授によりますと、甲状腺への被ばく量は100ミリシーベルト以上に達した場合に健康に影響が出るとされています。しかし、今回検出された放射線から換算される甲状腺への被ばく量は、子どもへの影響を最大限に考慮しても、最も多い人で35ミリシーベルトで、「健康に影響が出る値ではない」ということです。田代教授は「微量なので将来、甲状腺がんが増えるとは考えにくいが、万が一の場合にも対応できるよう継続的な健康管理が必要だ」と話しています。検査の結果は、来週以降、国の対策本部から子どもや保護者に通知されることになっています。


スポンサーサイト



| その他 | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://siampink.blog18.fc2.com/tb.php/3847-fa492235

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT